History / 南国フルーツの歴史

南国フルーツは、創業から約80年。
日本の南国、九州を舞台に成長してきました。
フルーツの輸入卸としてはトップクラスの実績。
九州はもちろん、日本中、世界中の生産者たちと共に、
フルーツへの愛情とこだわりの歴史を歩んできました。

おいしくないフルーツは売りません。
フルーツをいかにベストな状態で市場に出すか。
生産者との対話を重ね、温度管理等の技術革新を繰り返し、
徹底的にフルーツのおいしさを追求しています。

Policy / フルーツへのこだわり

一口にフルーツといっても多種多様。
それぞれ、ベストな状態で召しあがっていただくために、
南国フルーツならではのこだわりがあります。

バナナ

輸入した段階では熟成していない青いバナナ。出荷前の「追熟」とよばれるプロセスを経て、ベストな状態に仕上げます。温度管理や熟成に使うエチレンガスの濃度などは、すべてコンピューター制御。さらに、独自の技術で加工を加え、他にない甘くておいしいバナナができあがります。最近では、インターネットを通じて全国からの個人注文が殺到しています。

バナナ

マスクメロン

日本を代表する高級果実、マスクメロン。その中でも頂点を極めるのが静岡の品種です。静岡県磐田地区では、年に4回、生産者によるコンテスト(品評会)が行われます。私たちは、このコンテストで上位に入賞したマスクメロンのみを厳選し、お届けしています。仕入れの際には、専門の資格を持つスタッフが、食べごろ、品質、鮮度を厳しくチェックしています。

マスクメロン

マンゴー

びっくりするくらい甘くておいしい完熟マンゴー。その中でも、宮崎県産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」が、ここ数年全国で話題のヒット商品です。私たちは、この「太陽のタマゴ」を毎年いち早く入荷。初セリのものは数十万円もすることがありますが、毎年欠かさず仕入れるようにしています。九州を代表するフルーツへの思い、愛情があるからです。

マンゴー

いちご

九州一円、長年の信頼関係で結ばれた生産者とのネットワークにより、おいしい苺を最速で仕入れています。中でも、その日の朝に採れたものをすぐにお届けする「朝採れ苺」。九州を代表する銘柄、「あまおう」や「さちのか」をはじめ、品質に誇りを持つ生産者との連携により実現しています。その他、一粒で数百円もするような珍しい高級商品も扱っています。

いちご

みかん

みかんは太陽の恵み、光が3回当たると糖度が乗って甘いみかんができるとされています。3回の光とは、直接降り注ぐ太陽の光、海に面した斜面で海から反射した光、そして地面に敷いた反射シートからの照り返しの光です。これはほんの一例ですが、生産者との協力によりこうした抜群の環境で育ったみかんを、南国フルーツは提供しています。

みかん

ぶどう

ぶどうは収穫の時期が短く、おいしい時期に出荷するのが難しい果物だと言われています。南国フルーツは全国の生産者とネットワークを活かして、一番おいしい時期をリレーでつなぐような形で、ベストなタイミングで市場に出すことができます。売り場をちゃんともっているので生産者からの信頼は絶大、いつもおいしいぶどうを提供いただいています。

ぶどう