企業概要

社名
南国フルーツ株式会社
設立
昭和40年10月
資本金
2000万円
代表取締役社長
中尾 厚志
社員数
50名
事業内容
青果物輸入販売・卸・小売・フルーツパーラー、ジュースバー展開、バナナ熟成加工
主要取引先
伊藤忠商事(株)

アクセス

本社
福岡県春日市大和町3丁目4番地
博多オフィス
福岡市博多区博多駅前3丁目23-17 第2福岡ONビル2F

※福岡への陸の玄関口と言われる博多駅から徒歩5分、落ち着いた雰囲気で商談や打ち合わせが出来るオフィスです

沿革

昭和5年
創業者・野田時雄が福岡市天神で青果店を始める。
昭和25年
福岡天神・岩田屋デパートに青果店出店。
株式会社野時商店を設立。
福岡市青果市場に仲卸を出店。
昭和37年
戦後初のマンゴー販売。
バナナ輸入自由化に伴いバナナ加工場設置。
バナナの色付加工販売。
昭和40年
バナナ加工部門を南国フルーツ株式会社とする。
トロピカル・シトラスの輸入果実を中心に卸売販売。
昭和40年代
イチゴ・巨峰など産地での契約栽培を開始。
昭和52年
商品開発部を設置。自家製シャーベットやゼリー・デザートの製造を開始。
昭和55年
福岡市医師会・筑紫医師会指定店となる。
平成1年
天神イムズの開店に伴い「天神果実村TOKIO」を出店。
平成4年
フレッシュシステム福岡の開設にあたり出資。
平成19年
JASオーガニック認定取得。
(農林水産省登録認定機関有限会社オーガニック認定機構より有機農産物の小分け業者の認定を取得)
楽天市場に「果実村TOKIO」を出店。
平成20年
バナナ加工熟成室(ムロ)リニューアル。
平成23年
九州新幹線開通・新博多駅開業に伴い博多駅アミュプラザ博多に「キャンベル・アーリー」 「TOKIO JR博多駅」出店。
平成25年
開発工場新設
平成26年
ジェラシーバイキャンベルアーリー、キャンベルアーリーラシック福岡天神店開店